トピックス

BBCスコティッシュ交響楽団 副コンサートマスター 伊藤奏子 インタビュー

『BBC Proms JAPAN 2019』、いよいよ10月30日(水)より開幕!11月4日まで、ほぼ連日にわたり演奏会の音楽を作り上げる楽団「BBCスコティッシュ交響楽団」。当楽団の日本人奏者で副コンサートマスターの伊藤奏子さんに、楽団の魅力や日本での公演に向けての意気込みを伺いました。

Q: BBCスコティッシュ交響楽団との演奏はいつから?
伊藤: 正式には2014年夏からメンバーに加わりました。その前に、スコットランドに引っ越してきた2010年よりゲストコンサートマスターなどで何度かお仕事させていただいたので、長い間楽団のみなさんと演奏を共にしています。
Q: BBCスコティッシュ交響楽団の特色/特徴は?
伊藤: BBCのオーケストラはラジオ局付きのオーケストラなので、ほとんどのコンサートが録音され、後ほどBBCラジオのクラシックチャンネルで放送されます。そういう理由もあって私たちのオーケストラは、一般的に好まれるレパートリーよりも珍しいプログラムや現代曲、滅多に弾かれない作品などを取り込む機会が多くあります。また、スコットランド民謡などを弾くこともあり、色んな分野の音楽にすぐに対応できるオーケストラだと思います。
Q: マエストロ・ダウスゴーが、2016年シーズンから首席指揮者となりました。楽団の変化は?
伊藤: 彼はとても音楽に情熱的です。特に民族音楽や宗教音楽などとクラシック音楽のつながりを見つけて、なぜ作曲家達が他の音楽の影響を受けたかという面白い接点を追求するプログラムを組み立てるのがとても得意です。ですから彼が就任してからは、他の分野の音楽のプロの演奏を聴く機会ができたり、別の角度から作品を見つめる機会が多くなりました。
Q: 2019年「BBC Proms」の演奏会で印象に残ったことは?
伊藤: 今年は4回の演奏会に出演しました。その中でソリストの一人、Pekka Kuusistoがシベリウスのヴァイオリン協奏曲を弾き終わった後、アンコールではホールのお客さんに単純な旋律をハミングするよう指導し、それに合わせて自ら彼の国の民族音楽を弾いたのは面白いと思いました。彼のようにクラシックにこだわらず即興や作曲もでき、なおかつお客さんと交流が上手な演奏家は滅多にいません。同じコンサートの後半のプログラムではシベリウス第5番のオリジナル版という珍しいバージョンを演奏し、一般的に知られている5番とはまた違うシベリウスを見たようで面白かったです。
Q: 初来日となる楽団の皆さんは、日本での演奏について、どんな期待感を持ってますか?
伊藤: 日本に他の仕事で過去訪れたことがある人も初めての人も、みんなとても楽しみにしています。ラグビーのW杯と来年のオリンピックのおかげでこちらのテレビでも日本を紹介する番組が増えてきていて、みんな今から日本での演奏を楽しみにしています。素晴らしいホールやとても礼儀正しいお客さんの評判は、こちらでは話題になっています。
Q: 日本での「First Night of the Proms(ファースト・ナイト・オブ・ザ・プロムス)」。注目は?
伊藤: 「フィンガルの洞窟」はスコットランドにありメンデルスゾーンが気に入った場所でもあります。この序曲や交響曲第3番「スコットランド」はオーケストラにとって、より特別な親近感を持たせています。そういう曲でコンサートをオープンできることは最適と思います。そして、マーラー「交響曲第5番」は私たちのオケの素晴らしい金管と木管のメンバーを引き立たせられる大曲で、有名なアダージェットを含め皆さんに楽しんでいただけると思います。チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」のソリストで登場するユリアンナさんとの共演もまた楽しみです。
Q: 日本公演中に、イギリス、北欧、ロシア作品など、様々な楽曲を演奏されます。楽しみな点は?
伊藤: イギリスのオーケストラは、やはりイギリス音楽が上手です。私個人では、作品それぞれの思い入れというよりは、日本の素晴らしいホールで私たちのオーケストラが各曲でどんな音色を出せるかという興味深さがあると同時に、日本で活躍している素晴らしいソリスト達を自分のオーケストラに知ってもらえるという事が私には1番の喜びです。
Q: ご自身にとって「Proms」は、どんなイベント?

伊藤:「Proms」は本当に独特な音楽祭です。毎年、何度演奏していても、みんなが緊張したり興奮したりします。ステージから見る何千人ものお客さんの表情はいつも、私達がどうして音楽を演奏するかという理由に答えてくれるような気がします。プログラムがポピュラーだったり有名なオーケストラとソリストが来たりすると、朝早くから並んで格安チケットを買い、ステージの真ん前に確保されているスペースに立ち見して2時間ずっとコンサートを聴く音楽熱心な人たちが何百人といます。

ロイヤル・アルバート・ホールは立ち見の人を入れて6千人以上収容できる大きなホールで、そこで二ヶ月にわたり毎日素晴らしいオケが演奏していくというのは、他のどこにもみられない巨大なフェスティバルです。そういう音楽祭で毎年BBCの各オーケストラは演奏の機会を与えられますので、皆にとってもシーズンのハイライトとなっております。私もそういう場で演奏させてもらえるというのは本当に光栄に感じています。

日本での演奏会を間近に控え、BBCスコティッシュ交響楽団の演奏に大いに期待が高まります。日本公演の初日となる10月30日(水)「Prom1/First Night of the Proms(ファースト・ナイト・オブ・ザ・プロムス)」の演奏会を皮切りに、クラシック音楽をはじめとした様々な音楽の魅力が披露されます。そうした音楽の魅力を、BBCスコティッシュ交響楽団の演奏を通じて、ぜひお楽しみください。

<BBCスコティッシュ交響楽団>出演の演奏会
  • ●2019年10月30日(水)18:30開場 19:00開演
    Bunkamuraオーチャードホール
    Prom1/First Night of the Proms(ファースト・ナイト・オブ・ザ・プロムス)
    ソリスト:ユリアンナ・アヴデーエワ(ピアノ)

    演奏曲目

    メンデルスゾーン:序曲「フィンガルの洞窟」
    チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番(ピアノ:ユリアンナ・アヴデーエワ)
    マーラー:交響曲第5番
  • ●2019年10月31日(木)18:00開場 19:00開演
    ザ・シンフォニーホール
    Prom2/BBC Proms in OSAKA(BBC プロムス・イン・大阪)
    ソリスト:ユリアンナ・アヴデーエワ(ピアノ)

    演奏曲目

    メンデルスゾーン:序曲「フィンガルの洞窟」
    チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番(ピアノ:ユリアンナ・アヴデーエワ)
    マーラー:交響曲第5番
  • ●2019年11月2日(土)14:30開場 15:00開演
    Bunkamuraオーチャードホール
    Prom4/Russian and Nordic Breeze(ロシア・北欧の風)
    ソリスト:ワディム・レーピン(ヴァイオリン)

    演奏曲目

    シベリウス:交響詩「フィンランディア」
    チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲(ヴァイオリン:ワディム・レーピン)
    シベリウス:交響曲第2番
  • ●2019年11月3日(日・祝)14:00開場 15:00開演
    Bunkamuraオーチャードホール
    Prom5(プロム5)/Next-Generations, representative of Japanese Soloists
    ソリスト:三浦文彰(ヴァイオリン)、宮田大(チェロ)

    演奏曲目

    細川俊夫:「プレリューディオ」 オーケストラのための
    エルガー:チェロ協奏曲(チェロ:宮田大)
    ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番(ヴァイオリン:三浦文彰)
    ラフマニノフ:交響的舞曲
  • ●2019年11月4日(月・振休)17:30開場 18:00開演
    Bunkamuraオーチャードホール
    Prom6/Last Night of the Proms(ラスト・ナイト・オブ・ザ・プロムス)
    ソリスト:ジェス・ギラム(アルトサクソフォン)、ワディム・レーピン(ヴァイオリン)、森麻季(ソプラノ)、葉加瀬太郎(ヴァイオリン/司会)

    演奏曲目

    エルガー:行進曲「威風堂々」第1番
    スコットランド民謡:蛍の光  ほか

お問合せ

<お電話でのお問合せ・チケット購入>

BBC Proms JAPAN 2019 事務局

0120-970-248

【受付時間】 平日 10:00~18:00

BBC Proms JAPAN 公式 SNS

  • アイコン・Twitter
  • アイコン・FaceBook

主催 : BBC Proms JAPAN 2019 実行委員会(ぴあ、テレビ朝日、博報堂DYメディアパートナーズ、読売新聞社、BS朝日)、Bunkamura(東京公演)、ザ・シンフォニーホール(大阪公演)

特別協賛 : 大和証券グループ

© BBC Proms JAPAN 2019 All Rights Reserved.

ページトップに戻る