トピックス

BBC Proms JAPAN 2019 出演者からのコメント

トーマス・ダウスゴー

BBC Promsを連れ出すとはなんとも突飛なアイディアだと初めは思いましたが、それよりも何より、今回の公演にBBCスコティッシュ交響楽団と一緒に行けることに大変な幸せを感じています。日本のお客様が大好きですし、皆さんと大きなパーティをしたいと思います。プロムスの最終夜はお祭りのような、大変陽気な楽しい空間になることでしょう。今から大変楽しみにしています!


ワディム・レーピン

今回BBC Proms JAPANで、BBCスコティッシュ交響楽団、トーマス・ダウスゴーと共演できることをとても楽しみにしています。ロンドンのプロムスではロイヤル・アルバート・ホールに何回か出演したことがあります。東京は私にとって、とても特別な場所です。皆さんと早くお会いしたいです!


ユリアンナ・アヴデーエワ

BBC Promsは、世界中の音楽祭の中でも古く、特別な音楽祭だと思っています。世界中からトップクラスのオーケストラが、この音楽祭に参加するためロンドンに集まり、期間中には素晴らしい数々のプログラムが披露されます。演奏家たちにとって、音楽への情熱を様々な人と分かち合う、素晴らしい機会になっていると思います。バラエティに富んだ様々な楽曲が演奏され、観客にもオーケストラのメンバーにも、そして演奏家にも、素晴らしい出会いの場であり、音楽そのものをお祝いする特別な場になっていると思います。このBBC Promsがロンドンから飛び出し、今年は日本で開催されるということが、とても素晴らしいことだと思います。初開催となるBBC Proms Japan 2019に参加するということを、今から楽しみに、そして誇らしく思っています。


ジェス・ギラム

BBC Proms JAPAN 2019への出演が待ちきれません! 日本は私が長い間訪問したかった国で、このような特別なイベントで日本デビューできることが信じられません。 私はダリウス・ミヨーの「スカラムーシュ」を演奏します - この曲は3つの非常に対照的な楽章から成ります - 序章は生き生きとして明るく、第2楽章は美しく穏やか、第3楽章はとても幻想的なエネルギーに満ちカーニバルを彷彿とさせます。 この作品は、演劇や子供向けの作品を専門とするテアトル・スカラムーシュでの演奏のために作曲され、曲名の由来となっています。 この曲の演奏はとても楽しく、BBCスコティッシュ交響楽団 と共演することを非常に楽しみにしています。 BBC Proms JAPANがBBC Promsの精神と本質を伝えてくれることを期待しています。最高の音楽の祝祭です!


森麻季

BBC Proms JAPANの初開催、おめでとうございます。イギリス、スコットランドは高い音楽水準を持ったオーケストラ、アーティストが多いイメージがあります。今回はそのBBCスコティッシュ交響楽団と共に、BBC Promsの中でも特に熱気にあふれ、エキサイティングなラストナイトに出演させていただくこととなりました。最高に素敵で楽しいコンサートにしたいと思います。


三浦文彰

今回この新しいプロジェクトに参加させて頂く事を嬉しく思います。
BBC Proms と言えば歴史ある素晴らしい音楽祭です。イギリスの伝統あるオーケストラとブルッフの協奏曲を演奏致します。Promsらしく、会場の皆様にも盛り上がって頂ければ幸いです。


宮田大

世界有数の音楽祭「BBCプロムス」の日本での開催おめでとうございます。その第1回にBBCプロムスの代表的な曲「威風堂々」の作曲家、エルガーのチェロ協奏曲で参加できるのは大きな喜びです。この曲の持つ情熱、その内に秘めた凛とした気品を皆様に余さずお伝えできればと思っています。


挾間美帆

BBCプロムスは2007年と2016年に観に行ったのを憶えています。。特に、2007年は初めて海外に一人で行った時でもあり、ドキドキしながらロイヤル・アルバート・ホールに行きました。まずその大きさに驚きながら会場を巡り、ワクワクしながらコンサートを観ました。その日のプログラムはクラシックだったのですが、ふだん見たことがないくらいにお客さんが和気あいあいとしていて、とても新鮮に感じました。私が住むニューヨークにも音楽祭はたくさんありますが、BBCプロムスのように幅広い音楽をお届けするものはなかなかありません。そんなあこがれのBBCプロムスの初めての日本公演、そして、唯一のジャズプログラムに参加することができ心から嬉しく思います。


リー・リトナー

イギリスで長い歴史を刻んできた音楽祭、BBC Proms で演奏できること、そして、僕自身にも馴染みの深い日本での初開催をとても嬉しく思います。生涯の友人であるデイヴ・グルーシンをはじめ、その他素晴らしいミュージシャンと特別なステージをお届けします。才能あふれる作編曲家、挾間美帆さんとの再会も楽しみにしています。


葉加瀬太郎

2007年、僕は長年の憧れだったロンドンに移住しました。
着いてまだ数日も経たない7月のある日、地下鉄の中で拾った新聞で知ったプロムスのラストナイトコンサート。そこにはゲストに大好きなヴァイオリニスト、ジョシュア・ベルとこれまた大ファンだった歌手アンナ・ネトレプコの名が。
もしかしたら当日券があるかもと僕は夕刻ロイヤル・アルバート・ホールに向かいました。しかしそこはこの夏一番のメインイベント、プロムスのラストナイトです。そんなに簡単には行きません。開演間近のホールの前は黒山の人集り、すでに長蛇の列ができています。拙い英単語を並べて「日本から来ました。このコンサートを聴くためだけに。どうかお願いです。」と懇願し、やっとの思いでチケットを得ました。
その夜、ホールの一番後ろで聴いたジョシュとアンナのRシュトラウスの「明日」、それはまるで天上の音楽のように美しく優しく僕の心に響いたのでした。
あれから12年が経ちました。プロムスは僕の愛する英国音楽の宝です。
そのプロムスが日本にやって来る。そして今回僕はこの記念すべき公演のアンバサダーという、大変名誉な仕事を仰せつかりました。
クラシック音楽を心の底から皆で楽しむ。長年培って来たプロムスの精神をしっかりと引き継ぎ、楽しく美しい音楽を日本にも伝えられたらと願っています。どうぞゆっくりほかにはないこの音楽の祭典を心からお楽しみください。
何しろプロムスではずっと、演者ではなく聴衆が一番の主役なのですから。

お問合せ

<お電話でのお問合せ・チケット購入>

BBC Proms JAPAN 2019 事務局

0120-970-248

【受付時間】 平日 10:00~18:00
 ※先行・一般発売日は受付いたします。

BBC Proms JAPAN 公式 SNS

  • アイコン・Twitter
  • アイコン・FaceBook

主催 : BBC Proms JAPAN 2019 実行委員会(ぴあ、テレビ朝日、博報堂DYメディアパートナーズ、読売新聞社、BS朝日)、Bunkamura(東京公演)、ザ・シンフォニーホール(大阪公演)

特別協賛 : 大和証券グループ

© BBC Proms JAPAN 2019 All Rights Reserved.

ページトップに戻る