Prom 5

Next-Generations, representative of Japanese Soloists
(日本を代表する次世代のソリスト達)

公演日
2019年11月3日(日・祝) 14:00 開場 15:00 開演

※14:15よりプレトーク「How to enjoy BBC Proms?」を行います。
プレトーク出演:トーマス・ダウスゴー、三浦文彰、宮田大
会場
Bunkamuraオーチャードホール(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)
出演
BBCスコティッシュ交響楽団(管弦楽)
BBC Scottish Symphony Orchestra
トーマス・ダウスゴー(指揮)
Thomas Dausgaard, conductor
三浦文彰(ヴァイオリン)
Fumiaki Miura, violin
宮田大(チェロ)
Dai Miyata, cello
演奏曲目
細川俊夫:「プレリューディオ」 オーケストラのための
Toshio Hosokawa: “Preludio” for Orchestra

エルガー:チェロ協奏曲 ホ短調 Op.85(チェロ:宮田大)
Elgar: Cello Concerto in E minor, Op.85(Dai Miyata, cello)

ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調 Op.26(ヴァイオリン:三浦文彰)
Bruch: Violin Concerto No.1 in G minor, Op.26(Fuiaki Miura, violin)

ラフマニノフ:交響的舞曲 Op.45
Rachmaninoff: Symphonic Dances, Op.45
チケット料金
S席15,000円 A席12,000円 B席9,000円 Daiwaシート1,000円(全席指定・税込)
S席ペア27,000円 A席ペア21,000円 B席ペア15,000円
三浦文彰(ヴァイオリン) *11/3出演

Fumiaki Miura, violin

東京都出身。両親ともにヴァイオリニストの音楽一家に生まれ、3歳よりヴァイオリンを始め安田廣務氏に、6歳から徳永二男氏に師事。
2003年、04年と全日本学生音楽コンクール東京大会小学校の部第2位、2006年4月ユーディ・メニューイン国際ヴァイオリンコンクール・ジュニア部門第2位などを受賞。
2009年10月には、世界最難関ともいわれるハノーファー国際コンクールにて史上最年少で優勝。同時に、聴衆賞、音楽評論家賞も受賞。
これまでに、モスクワにてオレグ・カガンメモリアルフェスティバル、ブラウンシュバイクフェスティバル、宮崎国際音楽祭、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭、マントン音楽祭、ラクリン&フレンズ音楽祭、メニューイン・フェスティバルなどに出演。また国内主要オーケストラはもとより、ハンブルク北ドイツ放送響、シュトゥットガルト放送響、プラハ・フィル、ミルウォーキー響、オレゴン響、ユタ響、ウィーン室内管、ニュルンベルク響などとも共演している。
ペンデレツキ80歳記念演奏会では、ペンデレツキ自身の指揮で演奏、ルーブルでのリサイタルでパリ・デビューと破竹の勢いで国際的な活動を展開している。
また、NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽を演奏したことやTBS「情熱大陸」への出演も大きな話題となった。
2017年には、ロンドンにおけるリサイタル・デビューを果たし、フェドセーエフ指揮チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラとの日本ツアーを行う。2018年は、イタマール・ゴランとのリサイタル・ツアー、ロイヤル・リヴァプール・フィルとの日本ツアーを行い、ロンドンでズーカーマン指揮ロイヤル・フィルと、サンクトペテルブルクの白夜祭でゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管弦楽団と共演して大成功をおさめる。また、2018年10月からスタートするサントリーホールARKクラシックスのアーティスティック・リーダーに就任した。
CD録音も活発に行っており、リントゥ指揮ベルリン・ドイツ響と共演した「チャイコフスキーとメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲」、「名曲コレクション」などをエイベックス・クラシックスよりリリース。
2009年度第20回出光音楽賞受賞。
これまでに、ザハール・ブロン、ジャン=ジャック・カントロフ、チョーリャン・リン、パヴェル・ヴェルニコフの各氏に師事。(公財)明治安田生命クオリティオブライフ文化財団より奨学金を得て、ウィーン私立音楽大学に入学、パヴェル・ヴェルニコフ氏、ジュリアン・ラクリン氏のもとで研鑽を積んだ。
使用しているヴァイオリンは、宗次コレクションより貸与されたストラディヴァリウス 1704年製作 "Viotti"。


宮田大(チェロ) *11/3出演

Dai Miyata, cello

3歳よりチェロを始める。第74回日本音楽コンクールを含む出場するすべての国内コンクール第1位、第9回ロストロポーヴィチ国際チェロコンクールで日本人として初優勝。桐朋学園音楽部門特待生、桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースを首席で卒業。2009年にジュネーヴ音楽院、2013年にクロンベルク・アカデミー卒業。第6回齋藤秀雄メモリアル基金賞、第20回出光音楽賞、第13回ホテルオークラ音楽賞受賞。

チェロを倉田澄子、フランス・ヘルメルソンの各氏に師事。国内外での活発なコンサート活動、サンクトペテルブルグ音楽祭、ベートーヴェン音楽祭、ドレスデン音楽祭、マントン音楽祭、アムステルダム・チェロビエンナーレ等に出演しているほか、国内外の音楽コンクールの審査員、音楽セミナーなどを通して後進への指導にも力を入れている。


BBCスコティッシュ交響楽団(管弦楽)

BBC Scottish Symphony Orchestra

BBCスコティッシュ交響楽団(BBCSSO)とトーマス・ダウスゴーは英国内外の音楽界において革新的な組合せとしてその地位を確立している。特筆すべきは、BBCシンガーズやフォークバンド等とのコラボレーションによりクラシック音楽の名曲に潜む「ルーツ」に焦点を当てると共に、スコットランド熱を再燃させる世界有数の現代作曲家による新作をレパートリーに加えた「スコティッシュ・インスピレーション」シリーズ、そして、初のヨーロッパツアーで大成功を収め、今シーズン後半にはレコーディングも予定している、バルトークとシベリウスをメインにした野心的で画期的なプログラム編成だ。1935年に結成され、2006年以降はグラスゴー市を本拠地とするBBCSSOはスコットランドの国立放送管弦楽団で、スコットランド、英国および国外で演奏している。また、BBCラジオ3、BBCラジオスコットランド、BBCテレビおよびオンライン放送番組にも出演。スコットランド音楽界の先駆者として、教育プログラムおよびアウトリーチ(普及啓発)を通じ、地域コミュニティとの強固な信頼関係を築く活動も行っている。音楽を通じた社会変革を目指すスコットランド政府のプロジェクト「ビッグ・ノイズ」のパートナー団体であり、BBCの教育プログラム「BBC’s Ten Pieces」でも重要な役割を果たすと共に、スコットランド王立音楽院と緊密に連携し様々なプロジェクトを推進している。『BBC Proms』、エディンバラ国際フェスティバルにも定期的に参加しており、ロイヤル・フィルハーモニック協会賞、グラモフォン(英国のクラシック音楽専門誌)によるグラモフォン・アワードを4回受賞している。 『BBC Proms』には1962年に初出演、これまで139公演を行う。

【公式サイト】 www.bbc.co.uk/bbcsso


トーマス・ダウスゴー(BBCスコティッシュ交響楽団 首席指揮者)

Thomas Dausgaard, chief conductor BBCSSO

BBCスコティッシュ交響楽団(2016年9月より)ならびにスウェーデン室内管弦楽団首席指揮者。首席客演指揮者を務めるシアトル交響楽団では、2019/20年シーズンより音楽監督に就任予定。トスカーナ管弦楽団からは名誉指揮者の称号を与えられ、同じく名誉指揮者であるデンマーク国立交響楽団では2004年より11年まで、首席指揮者として腕を揮った。
これまでに、BBC交響楽団、ロンドン交響楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、ゲヴァントハウス管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ヨーロッパ室内管弦楽団などと共演。北米では小澤征爾のアシスタントとしてキャリアを始め、ニューヨークフィル、クリーヴランド管弦楽団、ボストン交響楽団など、そしてアジアとオーストラリアではシンガポール交響楽団、シドニー交響楽団などと共演。また、BBCプロムス、エディンバラ国際フェスティバル、ザルツブルグ音楽祭、リンカーンセンターでのモーストリー・モーツァルト・フェスティバル、エネスク国際フェスティバルやタングルウッド音楽祭など音楽祭への出演も数多い。
彼の選ぶプログラムは独創的で革新的なものとして定評があり、高揚感ある演奏と70枚以上にも及ぶ数々の録音は大きな称賛を得ている。
BBC Promsには、2001年より出演、これまで17公演を行う。
日本での演奏は、2016年に新日本フィルハーモニー交響楽団、2015年に東京都交響楽団と共演。

チケット購入・発売情報

一般発売

単券・ペア券 発売中

  • BBC Proms JAPAN 2019 事務局
    ■電話(オペレーター対応)

    0120-970-248

    【受付時間】平日10:00~18:00

  • チケットぴあ
    ■WEBサイト https://w.pia.jp/t/bbcpromsjp/
    ■電話(音声自動応答)

    0570-02-9999
    (Pコード:143-768)

    【受付時間】 24時間 (火・水 2:30~5:30を除く)

  • Bunkamura
    (10/31大阪公演を除く)

    Bunkamuraチケットセンター

    ■電話( オペレーター対応)

    03-3477-9999

    【受付時間】10:00~17:30

    オンラインチケット MY Bunkamura

    ■WEBサイト https://my.bunkamura.co.jp
    (PC・スマホ対応/座席選択可)

    ※オンラインチケット MY Bunkamuraではペア券のお取扱いはございません。

    Bunkamuraチケットカウンター

    ■Bunkamura1F
    【受付時間】10:00~19:00

    ■東急シアターオーブチケットカウンター 渋谷ヒカリエ2F

    【受付時間】11:00~19:00

  • ザ・シンフォニー チケットセンター
    (10/31大阪公演のみ)
    ■電話(火曜定休/夏季休業あり)

    06-6453-2333

    【受付時間】10:00~18:00

    ■WEBサイト https://www.symphonyhall.jp
    その他

    ローソンチケット、イープラスにて発売

チケット料金

S席15,000円 A席12,000円 B席9,000円 Daiwaシート1,000円(全席指定・税込)
S席ペア27,000円 A席ペア21,000円 B席ペア15,000円

Daiwa シート

BBC Proms JAPAN 2019 では、大和証券グループの特別協賛により、BBC Proms名物の「プロミング・チケット」と呼ばれる大幅なディスカウントチケットの日本版として、「Daiwaシート」の販売が実現しました。このチケットは10/30-11/4全公演に設けられ、BBC Proms JAPANをより身近に親しんでいただくためにご提供するお席です。

※Daiwaシートの購入方法は9月上旬に公式ウェブサイトにてお知らせいたします。
※Daiwaシートは着席のお席です。立見ではございません。また、座席数に限りがございます。
※DaiwaシートはBBC Proms JAPAN 2019 事務局のみでのお取り扱いとなります。

<諸注意>

※未就学児の入場はご遠慮ください。
※都合により出演者、公演内容を変更する場合がございます。
※車椅子席はBBC Proms JAPAN 2019 事務局のみでのお取り扱いとなります。

お問合せ

<お電話でのお問合せ・チケット購入>

BBC Proms JAPAN 2019 事務局

0120-970-248

【受付時間】 平日 10:00~18:00

BBC Proms JAPAN 公式 SNS

  • アイコン・Twitter
  • アイコン・FaceBook

主催 : BBC Proms JAPAN 2019 実行委員会(ぴあ、テレビ朝日、博報堂DYメディアパートナーズ、読売新聞社、BS朝日)、Bunkamura(東京公演)、ザ・シンフォニーホール(大阪公演)

特別協賛 : 大和証券グループ

© BBC Proms JAPAN 2019 All Rights Reserved.

ページトップに戻る