BBC Proms JAPAN について

はじめに

BBC Proms JAPAN 2019 実行委員会は、2019年10月30日(水)から同年11月4日(月・振休)まで、東京と大阪の2都市で『BBC Proms JAPAN 2019』を、ブリティッシュ・カウンシルと駐日英国大使館が日本で展開する事業「日英交流年 UK in Japan 2019-20 」の一環として開催いたします。

『BBC Proms』は、ロンドンを中心に毎年夏(概ね7月から9月にかけて)に行われる、世界最大級のクラシック・ミュージック・フェスティバル。90以上のイベントが行われ、ラジオ、テレビでの放送を通して世界中のファンを魅了し続けています。
1895年よりスタートした「Proms(プロムス)」は、「プロムナード コンサート」(散歩やぶらぶらと歩きながら楽しめるコンサート)が略された言葉で、毎年クラシック音楽だけでなく、ミュージカル、映画音楽、ジャズ、ワールドミュージックなど様々な音楽を、世界中の様々なアーティスト、団体が演奏しており、ロンドンのシンボルであるロイヤル・アルバート・ホールならびにロンドン市内、英国内の数多くの名高い会場で開催されています。世界中で活躍する音楽家が出演し、若者やファミリー層まで魅了する多彩で豊かな公演を提供すると共に、教育プログラムやアウトリーチ(普及啓発)の推進により、幅広いオーディエンスに極上の音楽を届けることが『BBC Proms』の理念とされ、2016年にはオーストラリア、2017年、2019年にはドバイでも開催されるなど、世界的な広がりをみせる英国発のフェスティバルが、いよいよ日本にも上陸します。様々な世代・国から集う豪華な出演者、次世代のアーティストの紹介、照明や舞台セット、クラシックをはじめジャズなども取り上げる多様性、教育プログラムや渋谷の街中で行われる無料コンサートなど、本国『BBC Proms』の理念を踏襲した日本版『BBC Proms』をお贈りいたします。

その記念すべき第1回として、高いレベルの演奏に定評のあるBBCスコティッシュ交響楽団が、同楽団首席指揮者であり、意欲的なプログラミングに定評のあるデンマーク出身の巨匠トーマス・ダウスゴーに率いられ初来日を果たします。
主軸となるクラシックコンサートでは、ソリストとして、確かな実力と人気を誇る数々のアーティストが出演。2010年ショパン国際コンクール覇者として日本でも人気を博すピアニスト、ユリアンナ・アヴデーエワ(10/30・31)。11歳でヴィエニャフスキ・コンクール優勝、17歳でエリザベート王妃国際コンクール優勝以来、世界有数の指揮者・オーケストラとの共演を重ねるロシアNo.1ヴァイオリニストとして世界に名を馳せる、ワディム・レーピン(11/2、4)。ハノーファー国際コンクール最年少優勝に加え、大河ドラマ「真田丸」テーマ曲の演奏でもお馴染みのヴァイオリニストの新星、三浦文彰(11/3)。ロストロポーヴィチ国際コンクールで日本人初優勝を飾り、テレビ出演の機会も多いチェリスト、宮田大(11/3)らが出演します。
また、ジャズコンサートでは、リー・リトナー(ギター)とデイヴ・グルーシン(作・編曲、ピアノ)という2人のグラミー受賞者が名実共に世界屈指のスタープレイヤー達を束ねて結成されるドリームバンドが登場(11/1)。日本を代表する次世代のジャズ作編曲家、挾間美帆が率いる自身のユニット「m_unit」も特別プログラム(11/1)に出演します。
注目となる最終夜「Last Night of the Proms」(11/4)は、『BBC Proms JAPAN 2019』 PRアンバサダーを務めるヴァイオリニスト、葉加瀬太郎が自身の楽曲をオーケストラと共に演奏。さらに、東急ジルベスターコンサートへの複数出演など日本で最も有名なソプラノの一人、森麻季。わずか20歳で、本国BBC Promsの最終夜へソリストとして出演を果たすなど、BBCが今最も注目している初来日のサックス奏者、ジェス・ギラム。ワディム・レーピンも出演する、まさに夢の一夜となります。「BBC Promsといえば」の“威風堂々”を会場全体で合唱する演出も予定しております。

そして、『BBC Proms JAPAN 2019』を一層身近にお楽しみいただくために、『Proms Plus Outdoor Concerts』と銘打ち、無料コンサートを渋谷の街頭で展開。クラシック、ジャズ、ミュージカルの有名曲からオリジナル楽曲、そしてスコットランドの音楽まで、数々のアーティストによって多様で上質な音楽をお届けします。
また、最終夜「Last Night of the Proms」は、BS朝日で後日放送予定。さらに公演の幾つかはBBCラジオ3でも放送する予定です。
世界最高峰のクラシック音楽の祭典である『BBC Proms』の日本版、初開催となる『BBC Proms JAPAN 2019 』に是非ご期待ください。

『BBC Proms』とは

世界最大級のクラシック・ミュージック・フェスティバルとして、英国内および世界中の数多くの主要オーケストラ、指揮者ならびにソリストによる世界最高水準のプログラムを8週間にわたって開催している。聴衆に幅広い豊かな音楽体験を提供することを目的に企画された90以上ものイベントならびに参加費無料の催しを通して、多様でエキサイティングな音楽の旅と音楽三昧の夏を提供することを目指す。創立以来120余年にわたり続くこの大規模なフェスティバルの使命は、卓越した音楽作品をできるだけ安価に提供することであり、極上の音楽をできるだけ幅広い聴衆に提供するという創立者兼指揮者ヘンリー・ウッドの理念を継承している。コンサートはBBCラジオ3で生放送される他、BBCでテレビ放映されるなど、ロイヤル・アルバート・ホールの枠を越えて広く視聴者に届けられる。2019年の『BBC Proms』は、7月19日(金)から9月14日(土)まで開催予定。

プロムスの歴史

『Proms』は、1895年8月10日にロンドンのクイーンズ・ホールでロバート・ニューマンの企画によりスタート。最初の公演では、ヘンリー・ウッド指揮(当時26歳)でニュー・クイーンズ・ホール・オーケストラの演奏により、ハイドンやリストなど様々なクラシックの名曲、そしてビゼー、ロッシーニといったオペラ曲など様々な曲が演奏された。ヘンリー・ウッドは以降、半世紀にわたって、『Proms』の指揮を務めた(亡くなる1944年まで毎年出演)。二人は、観客にこれまで以上に幅広い音楽を紹介するため「ワーグナー・ナイト」と「ベートーヴェン・ナイト」を設けクラシック音楽の伝統を伝えながらも、一方で当時若くして才能の有る作曲家たち、リヒャルト・シュトラウス、ドビュッシー、ラフマニノフ、ラヴェル、ヴォーン・ウィリアムズなど、今日では一流作曲家として知られる彼らの曲も、公演で取り上げ数多く紹介した。第一次世界大戦を経て、BBCの協力を得るようになり、第二次世界大戦中の1941年にロンドンを襲った空襲でクイーンズ・ホールが被害を受けたことにより、その年からはロイヤル・アルバート・ホールで開催される。戦後に「ワーグナー・ナイト」はなくなり、「ウィーン・イーブニング」の人気が高まりや作曲家たちの記念日を祝うなど公演も設けられた。1950年以降はオーケストラの数も増え、1964年までにはそれまでの2倍以上の公演数となり、さらに1966年以降は、英国国外のオーケストラも登場やジャズ、ゴスペル、非西洋文化圏のアーティストたちによる演奏、そして子供向け様々なプログラムなども考案された。1994年には、記念となる100回のシーズンを迎え、現在では毎年70公演を超える様々なコンサートが世界最高峰の演奏家たちによって行われている。

この世界最高峰のクラシック音楽祭の長い歴史には、これまで多くのアーティストが出演してきた。
指揮者では、サー・コリン・ディヴィス(1960年初出演/142公演出演)、サー・ゲオルク・ショルティ(1963年初出演/17公演出演)、ピエール・ブーレーズ(1965年初出演/69公演出演)、ダニエル・バレンボイム(1966年初出演/44公演出演)、クラウディオ・アバド(1967年初出演/30公演出演)、アンドルー・デイヴィス(1968年初出演/130公演出演)、ヘルベルト・フォン・カラヤン(1973年出演/ベルリン・フィル)、サー・サイモン・ラトル(1976年初出演/73公演出演)、マリス・ヤンソンス(1986年初出演/25公演出演)、レナード・バーンスタイン(1987年初出演/2公演出演・ウィーン・フィル)、ウラディーミル・アシュケナージ(1992年初出演/14公演出演)、イルジー・ビエロフラーヴェク(1993年初出演/39公演出演)など数多くが出演。
オーケストラでは、英国内の主要オーケストラをはじめ、英国外からも、チェコフィルハーモニー管弦楽団(1969年初出演/10公演出演)、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(1973年初出演/28公演出演)、ニューヨーク・フィルハーモニック(1975年初出演/6公演出演)、シカゴ交響楽団(1978年初出演/13公演出演)、ボストン交響楽団(1984年初出演/10公演出演)、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(1988年初出演/15公演出演)、グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団(1991年年初出演/14公演出演)、マリインスキー歌劇場管弦楽団(1997年初出演/9回出演)などが出演した。
ソリストでは、マルタ・アルゲリッチ(ピアノ・1966年初出演/7公演出演)、イツァーク・パールマン(ヴァイオリン・1969年初出演/3公演出演)、ヨーヨー・マ(チェロ・1978年初出演/17公演出演)、アンネ=ゾフィ・ムター(ヴァイオリン・1985年初出演/8公演出演)、ジョシュア・ベル(ヴァイオリン・1990年初出演/19公演出演)、レイフ・オヴェ・アンスネス(ピアニスト・1992年初出演/14公演出演)、アンナ・ネトレプコ(ソプラノ・1996年初出演/3公演出演)、ラン・ラン(ピアノ・2001年初出演/6公演出演)、ファン・ディエゴ・フローレス(テノール・2016年)らが出演。
また、クラシックだけでなく様々なジャンルのアーティストも出演し、共演機会が少ないオーケストラとのコラボレーションや独自のパフォーマンスで多くの観客を楽しませている。近年の主な出演には、リサ・スタンスフィールド(2018年)、グラディス・ナイト(2018年)、ジョシュ・グローバン(2018年)、ギルバート・オサリバン(2017年)、トム・ジョーンズ(2017年)、ブッカ―・T・ジョーンズ(2017年)、サム・ムーア(2017年)、ABC(2016年)、リック・アストリー(2016年)、オール・セインツ(2016年)、クインシー・ジョーンズ(2016年)、ザ・ジャクソンズ(2015年)、ルーファス・ウェインライト(2014年)、アース・ウインド&ファイア(2014年)、ブライアン・フェリー(2013年)、イル・ディーヴォ(2012年)、カイリー・ミノーグ(2012年)、ニール・セダカ(2010年)、ブライアン・メイ(2010年)、ケリー・エリス(2010年)、バリー・マニロウ(2009年)がいる。
そして、日本からは、小澤征爾(指揮・1984年初出演=ボストン交響楽団、1990年=サイトウ・キネン・オーケストラ、1991年=ボストン交響楽団/3公演出演)、尾高忠明(指揮・1988年初出演/31公演出演)、内田光子(ピアノ・1983年初出演/6公演出演)、今井信子(ヴィオラ・1980年初出演/9公演出演)、藤岡幸夫(指揮・1994年初出演/2公演出演)、広上淳一(指揮・1998年)、諏訪内晶子(ヴァイオリン・2008年初出演/2公演出演)、辻井伸行(ピアノ・2013年)、上原ひろみ(ジャズピアノ・2017年)などほかにも多くのアーティストが出演している。

プロムス年表

1895年
最初の「プロムス」コンサートがクイーンズ・ホール(ロンドン)で開催される。
1927年
BBCが運営を引き継ぐ。
1930年
BBC交響楽団が、プロムスの中心的オーケストラとなる。
1941年
メインホールであったクイーンズ・ホールが空襲により破壊される。
1942年
ロイヤル・アルバート・ホールがメイン会場となる。
1963年
初めてイギリス国外のオーケストラが出演(モスクワ放送交響楽団など)。
1994年
100周年を迎え、70以上の公演が行われ、より国際色豊かなプログラムとなる。
2009年
コンサートの総数が初めて100に到達。
2013年
マリン・オールソップが女性として初めてプロムスの最終夜を指揮。

お問合せ

<お電話でのお問合せ・チケット購入>

BBC Proms JAPAN 2019 事務局

0120-970-248

【受付時間】 平日 10:00~18:00

BBC Proms JAPAN 公式 SNS

  • アイコン・Twitter
  • アイコン・FaceBook

主催 : BBC Proms JAPAN 2019 実行委員会(ぴあ、テレビ朝日、博報堂DYメディアパートナーズ、読売新聞社、BS朝日)、Bunkamura(東京公演)、ザ・シンフォニーホール(大阪公演)

特別協賛 : 大和証券グループ

© BBC Proms JAPAN 2019 All Rights Reserved.

ページトップに戻る